読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相手のミミッキュに6タテ

最高レート2014 中盤に使用していたが、テッカグヤの処理があまりにも運に左右されすぎて勝ち切れなかったため解散
以下sdテキスト めんどくさかったのですみません

f:id:HNpoke:20161209211152p:plain

Salamence-Mega @ Salamencite  
Ability: Aerilate  
Level: 50  
Shiny: Yes  
Happiness: 0  
EVs: 132 HP / 188 Atk / 4 Def / 4 SpD / 180 Spe  
Adamant Nature  
- Frustration  
- Earthquake  
- Toxic  
- Roost  

f:id:HNpoke:20161209014021p:plain

Garchomp @ Choice Scarf  
Ability: Rough Skin  
Level: 50  
Shiny: Yes  
EVs: 4 HP / 252 Atk / 20 Def / 4 SpD / 228 Spe  
Adamant Nature  
- Outrage  
- Earthquake  
- Fire Fang  
- Toxic  

f:id:HNpoke:20161230121236p:plain

Tapu Fini @ Waterium Z  
Ability: Misty Surge  
Level: 50  
EVs: 252 HP / 116 Def / 140 SpA  
Bold Nature  
IVs: 0 Atk  
- Hydro Pump  
- Moonblast  
- Calm Mind  
- Taunt  

f:id:HNpoke:20161230121331p:plain

Mamoswine @ Assault Vest  
Ability: Snow Cloak  
Level: 50  
Shiny: Yes  
EVs: 252 Atk / 60 SpD / 196 Spe  
Adamant Nature  
- Earthquake  
- Icicle Spear  
- Ice Shard  
- Fissure  

f:id:HNpoke:20161209211411p:plain

Gengar-Mega @ Gengarite  
Ability: Shadow Tag  
Level: 50  
Shiny: Yes  
EVs: 252 SpA / 4 SpD / 252 Spe  
Timid Nature  
IVs: 0 Atk / 0 Spe  
- Shadow Ball  
- Sludge Bomb  
- Trick Room  
- Destiny Bond  

f:id:HNpoke:20161230121351p:plain

Celesteela @ Leftovers  
Ability: Beast Boost  
Level: 50  
Shiny: Yes  
EVs: 252 HP / 252 SpD / 4 Spe  
Sassy Nature  
- Heavy Slam  
- Fire Blast  
- Leech Seed  
- Protect  
 
パーティコンセプト
トリル道連れゲンガーで1:1からのマンムーレヒレの2vs2で詰めるというのがコンセプトでもあり基本選出。2vs2においてはレヒレマンムーという相性補完に優れた2体でありながら交換はせず、対面構築のように戦う。
ゲンガー出せなかったり相手のptにミミッキュやブルルがいた場合はゲンガーではなくマンダを選出し3vs3のサイクル戦を仕掛ける。ここまできついハッサムやテテフを見るためにマンムーとも相性が良いテッカグヤを採用。マンダ選出時の3vs3のサイクルやゲンガー選出時の2vs2のサイクルどちらにもカグヤは適している。必ず選出される電気タイプに強く、ここまで重いメタグロスを対処するためにスカーフガブリアスを採用。スカーフガブリアス選出時は歪んだ選出になるが、パーティスペックが高いためカバー可能。
 
以下採用順で解説
 
レヒレ
H-Bライン
補正ガブ+2地震 乱数1発 (6.3%)
ギャラ +1地震   乱数2発 (14.1%)
グロス コメット  乱数2発(27.7%)
補正フェローチェ毒づき 乱数2発 (84%)
補正マンムー 地震 乱数2発 (2.7%)
補正マンダ 捨て身 66.6%〜78.5%(返しのムンフォで落ちる)
補正マンダ+1捨て身 乱数1発 (93.8%) 相打ち
補正マンダ 恩返し 56.4%〜66.6% 負け
補正マンダ+1恩返し 乱数1発 (6.3%) 勝てる
マンダ 恩返し 52.5%〜61.5% 無理
 
H-Dライン
コケコ フィールド下マンボル 乱数1発 (6.3%)
樹木 マンボル 乱数1発 (12.5%)
補正樹木 マンボル 乱数1発 (68.8%)
 
Cライン
ZドロポンでD4コケコ確定
ZドロポンでH4デンジュモク乱数1発 (75%)
 
こいつが現環境で非常にに強力なためレヒレマンムーを軸に組み始めた
電気タイプに強い水タイプというのが特徴で、レヒレマンムーという並びでありながらあえて引かず突っ張るという動きをできることが非常に強い。また、水Zがほとんど読まれず、コケコデンジュモク素ゲンガーがホイホイ出てくるためeasywinを量産する。積極的にZ技を打つことで試合を有利に運ぶことができる。挑発と自然の怒りは選択だが、自然の怒りはギルガルドに対して打つぐらいしか思いつかないので、受けループや害悪等を粉砕できる挑発にしている。とにかく強い。
 
Aぶっぱ
S最速カグヤ抜き
D残り
レヒレマンムーの並びが強力なため採用。グッドスタッフ系統のパーティはコケコマンムー対面必ずテッカグヤに引いてくるため、負担をかけられるカグヤ抜きとAぶっぱ。グッドスタッフに対してマンムー側から崩していける。ここまでSを振ることにより多くのポケモンに先手を取れ、地震で大きな負担を与えることができ、地割れワンチャンスも残しやすい。また、一貫しているブルルに対して先手を取ることができる。Dにほとんど振っていないが、デンジュモクの眼鏡めざ氷+エナボを耐え、コケコのマジシャ3耐えは可能。また、電気技の時のみしか交代しないように構築を組んでいるためそこまでDを厚くするメリットがないと感じる。(マンムー見せた後のレヒレ電気対面は突っ張るし)
BかDに厚く振ったテッカグヤが増えてきているからS落としてもいいかもしてないと思い始めている。
 
ゲンガー
CSぶっぱ
先発で出して1:1を取りたかったため、滅び、挑発道連れ、トリルからの選択になったがカグヤに対してのシャドーボール、コケコに対してヘドロ爆弾を欲しかったため滅びは没となり、挑発道連れよりは安定して1:1を取れ、マンダギャラに対して選出をひよらずにいけるトリル道連れでの採用。挑発とは違いZ変化技(ナインエボルブ テクスチャー)に対応可能であり、相手の積みに非常に強い。また、相手のオニゴーリ、スターミーにもたまに勝てる。こいつで1:1取れないのはスカガブ、スカーフテテフ、ガルド、ミミッキュの4体で、スカガブは出てこない テテフはカグヤ ミミッキュはマンダ ガルドはレヒレマンムーで誤魔化している。
 
テッカグヤ
HDぶっぱ
相手のテテフがゲロ重かったので採用。ハッサムに上を取れないので仕方なく大文字。まもるをもつことでコケコカグヤ対面電気技が打たれやすくなる。
 
マンダ
Aおんがえしでミミッキュ確定
S最速ミミッキュ抜き
HBDあまり
相手の草、闘の一環を切ることができ、耐久、素早さ、特性などから3vs3のサイクルができるため採用。3vs3のサイクルにおいて竜舞をしたところでバルジポリ2は倒せないのでサイクルにおいて強い毒毒と羽休めを採用。配分はミミッキュ意識。
 
ガブ
Aぶっぱ
S準速スカーフサザン抜き
H-B グロスのコメバレ意識
これまでグロスが重いのと、電気が必ず選出されるため電気を上からつぶせるスカーフガブリアス。こいつ強すぎる。